便秘は子供に遺伝する?

便秘は子供に遺伝する?

便秘は子供に遺伝する?

便秘がちな親の子供は便秘になりやすいといわれています。その原因はどういったものなのでしょうか。

 

また、便秘がちな子供にしないようにするにはどのような方法があるのでしょうか。

 

内臓は遺伝をする

内臓は親の形を遺伝するといわれています。糖尿病の子は糖尿病になりやすい、肺がんで亡くなった親の子は肺がんになりやすいというのは統計的に出ています。

 

これは便秘の場合でも同じことです。便秘の原因として腸の悪いということも要因の一つですので、腸が遺伝をして便秘になりやすいということが挙げられます。

 

また、便を作る働きに関しても内臓が役割を持っていますので、便をうまく作れないことも遺伝をしますので、注意しておきましょう。

 

親の生活習慣が子供与える影響は多大

親の生活習慣が便秘になりやすい生活習慣ですと、それは子も同じ生活習慣になりますので、便秘になりやすいといわれています。

 

特に影響を受けやすいのが食事であり、肉や油もの、塩分が多い食事を好んでいる親の場合は子供も同じように食事を摂取しますので、便秘になりやすいといえます。

 

また、食事中にお茶を飲まない、水分をあまり摂取しない家庭の場合は自然と子供も水分を摂取しないようになりますので気をつけるようにしましょう。

 

子供の便秘に親が気をつける

もし親が便秘に悩んでいる場合は、高い確率で子供も便秘になりやすいといえますので、その辺りは親がしっかりとフォローしてあげることが必要になってきます。

 

また、子供の便秘が酷い時はしっかりと対策方法を考えてあげることも必要ですね。

 

親が子供に必ずしも便秘が遺伝するというわけではありませんが、その確率は非常に高いといえますので、しっかりと配慮するようにしましょう。

 

隔世遺伝の可能性もある

腸の形や便の作りが遺伝するということがありますが、これは親からではなく、親の親、子供からしてみればおじいちゃんや、おばあちゃんから遺伝することがあります。

 

これは隔世遺伝といって、一つ飛ばして遺伝するということです。
自分がそうでなくても自分の親がそうであれば子供にも多少なりとも影響することがありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

食事については子供専用に作っても良い

食事については好みがあるかと思いますので、親からしてみれば子供に合して食事を食べるということがストレスになる可能性があります。
そのため、お互いのことを思って子供には子供用の食事を作っても良いかもしれません。