便秘解消!まずは朝ご飯はしっかりと食べさせよう

便秘解消!まずは朝ご飯はしっかりと食べさせよう

便秘解消!まずは朝ご飯はしっかりと食べさせよう

便秘を解消する方法として、最も手軽で有効な方法としては朝食をしっかりと摂取するということです。朝食を摂取することによって得られる効果とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

便秘改善ポイント 食事により腸を刺激する

夜間眠っている間は腸の動きも少ないですので、朝食を摂取することによって眠っていた腸を刺激して排便を促すことができます。

 

腸を刺激して腸が動くことを蠕動運動といい、蠕動運動は排便をする際には必ず必要になる運動になっています。

 

また、夕食に食べたものは朝には便に変わっていますので、より排便をしやすくなります。

 

朝にはどのようなものを食べればいいのか

朝食を摂取した方が良いといいますが、実際どのようなものを摂取したらよいのでしょうか?ポイントとしては、腸の動きを促すもの、食物繊維や乳製品です。

 

お勧めなのはヨーグルトです。特に飲むヨーグルトはお勧めです。
ヨーグルトはできるだけ冷やしてから飲むと良いです。

 

冷たいものは腸を刺激しやすく排便を促しますし、ヨーグルトに含まれている乳製品は便をスムーズに整えてくれます。

 

また、食物繊維としてはバナナがお勧めです。バナナは非常に多くの食物繊維が含まれていますし、何よりもお手軽に摂取できますので、朝食を今まで食べてきていなかった人でも摂取しやすい食べ物だといえます。

 

朝食後には一杯の水を飲むことによって便が柔らかくなって、排便をスムーズに促すことができますので、水を飲むことが大切です。

 

排便を習慣付ける意味もある

朝食を摂取する目的としては排便を決まった時間に出す、習慣付けるという意味もあります。

 

便秘の方のほとんどが排便の時間はバラバラになっているという特徴があり、決まった時間に出ていません。

 

しかし、便がスムーズに出ている人は、排便するじかんがある程度決まっており、定期的に排便ができています。

 

朝食を食べることによって排便がしやすくなりますので、朝食後の排便が定期的なものになるように調整をすることができます。

 

また、朝に自宅で排便をしておきますと、自宅や会社など排便をしにくい場所で便を催すことがなくなりますので、変に我慢をしてタイミングを逃したり、急な腹痛に悩まされたりすることもありませんので、そういった面でも朝食を摂取→排便をするという流れは非常に体に良いのです。

 

朝食を食べる習慣がない場合は最初は負担に感じるかもしれませんが、習慣付けるまで根気よくやっていくことが大切になります。