子供の排便の時間を決めてあげよう

子供の排便の時間を決めてあげよう

子供の排便の時間を決めてあげよう

子供が健全に生活を送るためには排便時間を決めるということは非常に大切なことです。正しい排便時間を決めてあげることによって、気持ちよく生活を送ることができます。

 

排便時間を決めるメリット

排便はしたいときにするということは、子供にとって一見良いことだといえますが、実はこれはあまり良くないとされています。

 

その理由の一つとしては、子供は学校で排便をすることがほとんどないということです。

 

子供は恥ずかしい、みんなしていないなどの理由によって排便を学校ではほとんどしません。ある調査では学校で気にせず排便ができるのは全体の1割にも満たないという結果が出ています。

 

そのため、自宅で排便できるように親が配慮してあげる必要があります。
小さいころから時間を決めて排便を促してあげますと、小学生に上がってもそれは習慣付けられますのでお勧めです。

 

また、子供の4割りは毎日排便がないという調査もありますので、できるだけ落ち着いた環境で排便できるように小さいころから配慮してあげることがい大切になります。

 

排便時間を決めるポイント

排便は自立神経ですので、したいときにしたくなるのが自然現象です。
そのため、排便は決めておこなえないのでは?と疑問に感じる人も多いかと思いますが、排便時間をある程度調整することはできます。

 

排便をしたくなる時は食事を食べたとき、運動をしたときなど、腸の運動が活発になるときですので、そういったことをまず習慣付けることが大切になります。

 

まず大切なことは食事をきちんと摂取するということです。
特に朝食は毎日決まった時間に食べてもらうようにしましょう。ほとんどの子は朝食をきちんと食べることによって自宅で排便を行ってから学校にいく習慣が付くといわれています。

 

また、朝食時に冷たい牛乳を飲んでもらうなどをすると、より排便がしやすくなります。
運動に関しては子供は放っておいてもできていることが多いので、そこまで気を使わなくても大丈夫ですが、食事に関しては親がしっかりと管理してあげることが大切になります。

 

季節の変わり目に注意しましょう

季節の変わり目は様々なことが変化しますので注意が必要です。
特に冬場には便秘に注意しましょう。

 

冬場になりますと、まず水分が少なくなります。水分が少ないですと排便がうまくいきませんし、腸の動きも悪くなりますのでしっかりと水分を摂取することが大切です。

 

また寒い時期ですので運動量も減るため注意しておきましょう。